ブルーベリーサプリメントを飲むタイミング

目の疲れは、体や脳の疲れを反映しているといわれます。

朝に起床して一日が始まろうとしているときに、目が疲れた、と感じる人は少ないでしょう。

朝に疲れ目を感じるほどの慢性的な疲労は、もはやサプリメントに頼るよりも眼科に行った方がよいと思われます。

多くの人が疲れ目を感じるのは、夕方から夜にかけてでしょう。

夜に見えにくくなるのを「鳥目」というように、夜は目の疲れを感じることが多くなります。

ですから、ブルーベリーサプリメントを摂取する時間を考え、もっとも効果が発揮できるタイミングで飲みましょう。

ブルーベリーサプリメントに含まれている「アントシアニン」が効果を発揮するのは、摂取してから3~4時間程度経ってからといわれます。

午前中もしくは昼食後に摂取すると、疲れやすい夕方以降に効果を発揮できることになります。

そして、その効果は24時間程度は持続するといわれています。

ほぼ丸一日で効果が切れてしまうのですから、毎日継続して飲み続けた方が良いということになります。

毎日継続して飲み続けることで副作用はないのでしょうか?

ブルーベリーはもともと果物であり食品です。

定められた摂取量を大幅に上回って飲むことがなければ、今のところ副作用は報告されていません。

自分の目が疲れやすい時間にもっとも効果が現れるように、時間を意識してサプリメントを摂取し、効果を実感できるようにしばらくは継続して飲み続けることをおすすめします。

眼精疲労に効くサプリの人気ランキングはこちら >>

サブコンテンツ

このページの先頭へ