太陽光(紫外線)から目を守る

夏の海水浴場や屋外プールでの水面反射、冬のスキー場での雪面反射など、太陽の光やその反射で目が痛くなった経験はありませんか?

また、屋外遊園地や子どもの学校の運動会など、長時間の外出で疲れ目を感じたことはありませんか?

太陽の光を浴びることによって、過剰に目が疲れるのはいったいなぜでしょう。

太陽光や反射光のまぶしい光を受けると、反射的に目をつむりますね。

そうしたことで、目に余計な力が入り、疲れやすくなります。

また、まぶしさだけでなく、太陽光の中に含まれる紫外線も疲れ目や老眼、視力の低下、白内障などの病気の原因になります。

太陽光による目の負担を減らすために、天気の良い日は、日傘を携帯したり、つばのある帽子をかぶりましょう。

肌に日焼け止めを塗るように、目にも太陽光を避ける対策が必要です。太陽光を避けるには、UVカット仕様のサングラスもおススメです。

車の運転でも、サングラスをかけることでまぶしさが軽減されて安全運転につながります。水泳用のゴーグル、スキー用のゴーグルもUVカット仕様のものを選びましょう。

メガネをかける人は、メガネのレンズを購入するときにUVカット仕様のレンズを選択すると良いでしょう。

一昔前に比べて、太陽光が目に与える影響がいろいろ解明されてきています。

将来の目の老化を軽減するためにも、太陽光による負担から目を守っていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ