眼精疲労ではなく老眼の始まりかも

これを読んでいるあなたは、いったい何歳代の方でしょう。

書いている私は、今年40代にさしかかりました。

目の疲れについて調べていると、40歳前後から老眼が始まる、という資料を見つけました。

目の疲れがひどいな、眼精疲労だろうか、と思っていると、実は老眼の始まりだった、ということがあるそうです。

というのも、「眼精疲労」と「老眼」は症状の似ている点がいくつもあるのです。

夕方になると目が疲れる、頭痛や肩こりを感じることが増えた、薄暗いところで見えにくいという症状は、眼精疲労でも老眼でも同じように現れます。

老眼では、近くのものが見えづらい、という症状も大きいですが、「目が疲れているから今だけだろう」と思いこんでしまう場合もあるでしょう。

恐ろしいことですが、最近白髪が、肌の状態が……と見た目の老化が気になり始めていたら、その老化は「目」にも起こっていると自覚しなければなりません。

そもそも目のピント調節力の低下は、10代の頃から始まっています。

しかし、若いときは水晶体が柔軟で、近くを見るときには毛様体筋にぐっと力を込めると、水晶体が簡単に分厚くなり、ピントを合わせることができるのです。

ところが、40代を過ぎると水晶体が硬くなり始め、毛様体筋が緊張しても分厚くなりにくくなってきます。

つまりピントの調節が難しくなってくるのです。

読書などに支障をきたすようになる平均年齢は45歳といわれますが、40歳を過ぎるころから何らかの目のトラブルを感じ始める人が多いようです。

その見えづらさを感じているのに放置すると、目の疲れが悪化して、頭痛や肩こりなど全身の不調にもつながってしまいます。

目が疲れた、ちょっと使いすぎたかな、と感じているあなたが、もしも40代以上の方ならば、一度、老眼の可能性も考えて眼科を受診する必要があるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ