メガネとコンタクトレンズ

目の疲れやかすみの原因が視力の変化のせい、という場合があります。

既にメガネやコンタクトレンズを着用している人は、度数が合っているかどうか確認してみましょう。

では、新たに視力を矯正する場合、メガネとコンタクトレンズのどちらが目に良いのでしょう。

メガネは、目とメガネのレンズの間に隙間があります。

そのため、その隙間の部分を目が調整しようとして疲れる、という説があります。

また、レンズやフレームが重いと肩こりや頭痛の原因になることもあります。

メガネを選ぶときは、様々なものを試着して、デザインだけで決めずに軽いものを選びましょう。

コンタクトレンズは眼球の上に乗せるので、目とレンズの間に隙間はありませんが、目の中に異物を入れるので、少なからず違和感はあります。

また、目とレンズの間に隙間がないために、目が乾燥したり、レンズの雑菌が目に入りやすくなります。

メガネよりも手入れが煩雑で、しかも手入れを怠ると眼病や失明の原因になることさえあります。

必ず自分で手入れができる年齢になってから使いましょう。

どちらも矯正視力が合っていないと、目が疲れます。

さらに、メリットとデメリットをよく考え、自分に合ったものを使いましょう。

おしゃれやスポーツをするときはコンタクトレンズを、普段の生活ではメガネを、と使い分けて併用するのも便利です。

コンタクトレンズは、購入するときに定期的に眼科で検診を受けることになります。

メガネもまた、数年に一度は検診を受けて、度数が合っているかを確認して使用するのが良いでしょう。

目に余計な負担をかけないためにも、矯正視力を合わせることが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ