目のクマを解消しよう

ついつい夜更かしした次の朝、鏡を見て目の下のクマに驚いた経験はありませんか?

女性なら目のクマをメイクで隠そうと考えた人もいるのではないでしょうか?

では、どうして目の下には「クマ」ができるのでしょう。

実は、目のまわりの皮膚やまぶたの皮膚はとても薄いのです。

なかでも目の下の皮膚は、卵の薄皮ほどの0.6ミリ程度しかないといわれています。

皮膚が薄いために、皮膚の下にある毛細血管の色が透けて見えてしまうのです。

疲労や睡眠不足で血行が悪くなると、血液中の酸素が少なくなります。

血液中の酸素が欠乏すると、酸素を運ぶ役割をする赤血球中のヘモグロビンは黒っぽくなります。

ヘモグロビンが黒っぽくなると、毛細血管中の血液が黒ずんで、皮膚を透かして目の下を黒く見せます。

これが「目のクマ」なのです。

つまり、「目のクマ」をとるには、目の周りの血流を改善することがポイントになります。

目の周りの血流を改善するには、顔全体の血行を良くすることがまず一つのやり方です。

蒸しタオルで顔全体を覆って温めましょう。

また、乳液やパック、目元パックなどで保湿を行いながら、顔を優しくマッサージして血流を改善しましょう。

もう一つ、顔だけでなく、体全体を冷やさないことが大切です。

意識して歩いたり、ストレッチをして、日々の生活に運動を取り入れましょう。

ゆっくり湯船に浸かる習慣も血流を改善します。

また、冷たい食べ物や甘い食べ物を取らないようにして、体を冷やさないように気をつけましょう。

もちろん、十分な睡眠をとることも大事です。

疲れをためて、目のクマが濃くなってしまうと、一朝一夕にはなかなか改善しません。

「目のクマ」は体全体のサインと受け止めて、血行を改善し、疲れをためないような生活を心がけていきたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ