目の痙攣の原因と対策

夕方や夜間などの目が疲れているときに、目の下やまぶたがピクピクと動く経験をした人はいるでしょうか。

止めたいと思っても止まらず、意思とは関係なく勝手に自分の目元が動いてしまうのは、不自然でなんだか気持ち悪い体験です。

この目元がピクピクと勝手に動いてしまうのを目の痙攣(けいれん)といいます。

目の痙攣が起こる原因は大きく分けて二つあります。

一つは、目の周りの筋肉の血流障害から起こる一時的な場合です。

目の疲労や寝不足、過大なストレスが原因です。

一時的な目の痙攣があったときは、できれば作業を中断して、目を休めるためにコーヒーブレイク(休憩)にしましょう。

温めたタオルをまぶたの上に置いて血行を良くしたり、休憩や睡眠を十分に取ることで目を休めると短時間で治まるでしょう。

もう一つは、目の痙攣に病気が隠されている場合です。

この場合は、痙攣が片目の周りだけでなく、両目の上下で起こったり、頬やあごと広がっていくことがあります。

脳腫瘍やパーキンソン病、顔面神経損傷などの病気の可能性が考えられます。

睡眠を十分に取っても治らず、数日間痙攣が続くようであれば、脳神経外科を受診し、専門的治療を受けることをおススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ