目の疲れを予防する環境を整えよう

「目の疲れにはサプリメントやマッサージや湿布が効く」、まあ、そうかもしれません。

でも、その前に、目の疲れを予防できるように身の回りの環境を見直してみませんか?

現代の生活に欠かせないのが、パソコン。

今や小学校の授業でも使われています。

このパソコンを使うときに、モニター画面の調整を行っていますか?

パソコンの画面が部屋の明るさよりも明るいと余分な光で目に負担がかかります。

逆に、パソコンの画面が暗いと文字が見えにくくなるので目に力が入ります。

手元の明るさと同じくらいになるようにモニター画面の光度を調整しましょう。

画面がちらつくときは、乱反射を防いでくれるフィルターを利用しましょう。

継続して、例えば仕事でパソコンを使う人は、パソコン画面のブルーライトから目を保護してくれるメガネを着用するのも効果的です。

また、テレビは必ず明るい部屋で、画面から離れて見るようにしましょう。

何時間も続けて見るのではなく、目を休ませるためにテレビ番組の鑑賞時間をあらかじめ決めましょう。

ほかに、目に負担がかかるような細かい作業、縫い物や読書なども明るい場所で行い、適度に休憩を入れるように気を付けましょう。

現代の生活は、昔と比べると、目に負担のかかる電子機器が多く使われ、目が疲れやすい環境であるといえます。

特に、毎日を意識して、目の疲労を蓄積させない生活を心がけることが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ