目の疲れの基礎知識

メガネとコンタクトレンズ

目の疲れやかすみの原因が視力の変化のせい、という場合があります。既にメガネやコンタクトレンズを着用している人は、度数が合っているかどうか確認してみましょう。

携帯電話やスマホ

道路や電車の車内で携帯電話やスマホの画面を操作している人たちを見かけますが、目に対しての負担はないのでしょうか。携帯電話もスマホも便利な機械でなくてはならないものになりつつありますが、目や体の健康を害さないように気をつけて使いましょう。

子どもの目の環境

現代は、昔と比べて目に対する環境が悪化してきているといえるでしょう。子どもの目の環境は、携帯ゲーム機の流行もあり、大人を取り巻く環境よりもさらに深刻ではないかとさえ感じます。

太陽光(紫外線)から目を守る

太陽光や反射光のまぶしい光を受けると、反射的に目をつむったりすると余計な力が入り、疲れやすくなります。また、まぶしさだけでなく、太陽光の中に含まれる紫外線も疲れ目や老眼、視力の低下、白内障などの病気の原因になります。

目のクマを解消しよう

目のクマをとるには、目の周りの血流を改善することがポイントになります。血行を改善し、疲れをためないような生活を心がけましょう。

東洋医学と漢方薬

東洋医学では、目の疲労感や乾きといったさまざまな症状は、五臓六腑との密接な関わりの中で現れるものという考えに基づいています。特に深い関わりがあるのは、肝臓になります。

目の疲れが頭痛を引き起こす

目が疲れると目が痛くなるだけでなく、頭痛がすることがあります。これは、目が疲れたように感じるのは、目だけでなく、実は脳が疲れているからです。

眼精疲労ではなく老眼の始まりかも

目の疲れがひどいな、眼精疲労だろうか、と思っていると、実は老眼の始まりだった、ということがあるそうです。眼精疲労と老眼は症状の似ている点がいくつもあるのです。

目の痙攣の原因と対策

目の痙攣が起こる原因は大きく分けて二つあります。一つは、目の疲労や寝不足、過大なストレス、もう一つは目の痙攣に病気が隠されている場合です。

目の疲れを予防する環境を整えよう

目の疲れにはサプリメントやマッサージや湿布が効きます。でも、その前に、目の疲れを予防できるように身の回りの環境を見直してみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ