目に良い栄養

昔から、目の機能を活性化させ、目に良いといわれる栄養がビタミンAです。

ビタミンAが多く含まれる食材は、レバーやウナギです。

ほかに、ニンジンやカボチャ、ホウレンソウなどの緑黄色野菜もビタミンAの含有量が高く、目の栄養には欠かせません。

それから、ほかの体の部分と同様に目の老化の防止にも効果があるといわれているのが、ビタミンCとビタミンEです。

ビタミンCは主に野菜や果物に含まれます。特に含有率が高いのは、ブロッコリーや柿やイチゴです。

ビタミンCは水溶性なので、新鮮な生の状態で摂るか、火を通す場合は汁ごと召し上がると栄養を逃さず摂ることができます。

ビタミンEは主に油脂に含まれ、ナッツやアボカドなどの食品が有名です。

また、体の疲労回復に良い、といわれるビタミンBは、目の疲労回復にも効果があります。

ビタミンBは、豚肉、納豆、レバー、ウナギ、牡蠣、ニンニクなどに含まれます。

さらに、「目」に関して最近の研究で注目を集めている栄養素がポリフェノールの一種である「アントシアニン」とカロチンの一種である「ルテイン」です。

この二つの栄養素は抗酸化作用が非常に強く、眼精疲労や視力回復に効果があるという研究結果が出ています。

アントシアニンは、ブルーベリーやカシス、ブドウ、赤ジソなどに含まれる青紫の色素です。

ブルーベリーやブドウ、赤ジソのジュースや、ブルーベリーのジャムを食べてもアントシアニンを摂取することができます。

ルテインは、ホウレンソウや青汁の原料とされるケールに多く含まれます。

紫外線の害から目を守り、目の疾患の予防にも高い効果があるということが研究で実証されています。

アントシアニンとルテインは、これを含むサプリメントが販売されています。

まずは、普段の食事で栄養を摂ることが大事ですが、もう既に疲れ目の症状が出ていたり、普段から目を酷使するような状況にある人は、サプリメントを試すこともおススメです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ