目の疲れ解消のポイント

かっさで目の周りのツボ押し!

「かっさ」とは、2500年前から中国で行われてきた民間療法で、水牛の角や石でできた専用の板を使い、新陳代謝を促し、老廃物の排出をサポートするといわれています。目の周りのツボを刺激することで、疲労解消するほか、涙の分泌を促します。

目に良いお茶、メグスリノキ茶

カフェインレスで、特に目の健康に良いといわれているものにメグスリノキ茶があります。煎じ液には結膜炎をはじめとして、かすみ目や老眼、近視など、目の健康に効果があるとされています。

目に良い栄養

昔から、目の機能を活性化させ、目に良いといわれる栄養がビタミンAです。ほかにはビタミンCとビタミンE、ビタミンBです。ポリフェノールの一種である「アントシアニン」とカロチンの一種である「ルテイン」も目にいいとされています。

オオバコ茶や番茶湿布などお茶を使った民間療法

民間療法では、視力減退の妙薬として「オオバコ茶」をすすめています。またお茶は飲むだけでなく番茶湿布として貼るという方法もあります。

手当て療法「パーミング」

目の疲れにも同じく「手当て」療法があり、パーミングという名前で呼ばれています。パーミングは、手のひらをアイマスクのように使って両目をおおうことです。

疲れを取る目のストレッチ方法

目のストレッチも体のストレッチと同様に、呼吸を止めないように意識して、弾みをつけずゆるやかに、ヨガを行うときのようなイメージで行います。ストレッチで目の疲れを取って、元気に過ごしましょう。

市販の目薬の選び方

市販の目薬には、いろいろと種類があるので、目薬を選ぶときには、自分の目の症状を知ることが大事です。市販の目薬の選び方と注意点を紹介します。

アイマスク・アイピローなど目の疲れを取るグッズ

目の疲れを取るということをうたい文句にしたいろいろな商品が販売されています。「病院に行くほどではないけれど目の疲れをいやしたい」というときのために、アイマスクやアイピローを紹介します。

目の疲れをとるツボ

目の疲れをとるといわれているツボは、二種類あります。一つは、目の周りにあるツボで、もう一つには、目とは場所が離れていて、押すと目の疲れに効果があるといわれているツボです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ