アロマで目の疲れを緩和できる?

アロマセラピーという言葉を聞いたことがありますか?

アロマセラピーとは、植物から採取した芳香成分(精油)を使用した治療法のことです。

マッサージ、湿布、アロマバス、内服などの使用方法があります。

アロマセラピーに使われる植物には、ハーブなどの薬草のほか、バニラや柑橘系の果物の香りなどいろいろあります。

アロマの香りにはいろいろな作用がありますが、中には、ストレスを軽減する効果があるものも知られています。

目の疲れの原因の一つは、ストレスによる筋肉の収縮で血行不良になる、ということですので、アロマセラピーも効果があります。

使用するハーブに、血行を促し、リラックス作用のあるものを選べば、目の疲れの緩和に役立つことでしょう。

肩こりや目の疲れ、ストレスによって起こる頭痛には、シソ科のラベンダーとローズマリーがおすすめです。

このほかでは、アロマオイルを扱う店でいろいろな香りを試してみて、ご自身が一番リラックスできる香りを探してみても良いでしょう。

簡単な使い方としては、入浴のときに湯船のお湯にたらす、水と混ぜて霧吹きでカーテンや枕に吹き付ける、加湿器の水に混ぜる、粗塩やブレンドオイルと混ぜてマッサージに使う、などがあります。

気持ちの良い香りに包まれてリラックスしながら、目の疲れも緩和できると思えば、なんだかわくわくしてきませんか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ